【Unity VR】UnityでVRを簡単にやる方法【Oculus Rift S】

Rebuild Factoryzの礒です。
今回はVR環境をUnityでさくっと構築する方法を書き留めておこうと思います。
Oculus使ってVRを試したいという方に向いていると思います。


動画

画像解説

まず手始めにUnityで新しいプロジェクトを作成します。

床がないとプレイヤーが落ちてしまうのでPlaneを作成しておきます。

何もないと寂しいのでキッチンをとりあえず置いておきます。

WindowからPackage Managerを開き、XR Plugin Managementをインストールします。

そしてAsset StoreからOculus IntegrationをUnityへ引っ張ってきます。

メニューのEditからProject Settingsをクリックし、表示されたウィンドウからXR Plugin Managementをクリックし、設定を開きます。
今回はOculusを使用するので、Oculusにチェックを入れます。

次にOculusの項目を開き、チェックを確認します。

画面上部のメニューバーにOculusが追加されているので、そこからPlatform > Edit Settingsをクリックします。
アプリケーションIDの部分が空欄です。
ここにアプリIDを入力する必要がありますが、ない場合はCreateボタンをクリックしてOculusの公式サイトへアクセスします。

ユーザー登録が必要な方は登録してください。
登録済みであれば「新しいアプリを作成」をクリックします。

アプリ名とプラットフォームを設定します。

新しいアプリを作成するとアプリIDが生成されます。
これをコピーします。

そのIDを先ほど開いたOculus Platform SettingsのアプリケーションIDにペーストします。

次は、メニューバーのOculus > Avatars > Edit Settingsとアクセスし、ここにもアプリIDをペーストしておきます。

VRカメラをシーンに挿入するために、Projectで「ovrp」と検索して、OVRPlayerControllerを見つけ出しドラッグアンドドロップでHierarchyパネルに放り込みます。

シーンに追加されたVRカメラ(プレイヤー)を移動・回転させます。

あとはUnityのプレイを押してOculusを被るだけです。
一応コントローラーのジョイスティックで移動することができます。

これでUnityによるサクッとできるVR体験は以上です。

投稿者: 礒

建築3DCGモデラーの礒です。 アラサーでアスペルガー症候群とADHD、双極性障害、解離性障害(記憶障害)を持っています。障害を持っているとは思っていなかった少年時代はいじめ問題に悩まされて生きてきました。今は障害を持ちながら、適度に社会と交流しながら生活していければ良いなと思っています。普通の人とは違う価値観をブログ等で発信していけたら幸いです。 趣味は3DCGモデリングと読書、ゲーム、そしてブログです。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。